いつも食べることばかり

高橋大輔 大ちゃんの刻みしょうがのしょうゆ漬け ガッテン風

スケートの大ちゃんおすすめの刻みしょうが。

生しょうが
昆布だし
しょうゆ

きび砂糖
しょっつる

今回はちょっと アレンジ

最初に作ったときはちょっと砂糖と酢の味が気になったので今回は少なめ。
昆布だしは友人からもらった 昆布茶
しょうがは 洗って皮はざっとこそげるだけ。
フープロで ゴゴッ ゴゴッと細かく
酢を加えたものと加えないもの二種類作成


昔 頂き物の(たぶん栃木県産の)しょうがのしょうゆ漬けというのが めちゃくちゃ美味しかったので それを思い出して 大瓶に入れたほうは酢なしで。しょっつるはもちろん 愛用の するめマークのタイのナンプラー。
きび砂糖は半分茶色いやつを気持ち。

前回も今回も火は通さず。火を通さないと底の方にでんぷんが沈殿してくる。味に問題はないけれど。
冷蔵庫で一ヶ月以上平気で長持ちしたけれども 十分しょっぱいと思うけど。今回酢が入っていないほうは大丈夫かしらん。

ここでひとつ疑問。生の植物を塩分でつけると発酵する。しょうゆにずっと漬けているとやっぱり発酵するのかしらん・・・

↑ その場合 味はよくなるのか?
前回は酢をいれたからか、発酵して味が変わるという 感じはまったくなかった。

生でしょうゆ漬け、発酵して その味が邪魔になるなら火を通して発酵しないように 味を安定させたほうがいいはず。ジャム瓶に熱いままつめて長期保存も可能だね。ちょこっと作って食べきってしまうというのがいいのかもしれないし。


味がよくなるなら どんどん発酵を進ませて その変化を楽しむというのもいい。

・・・・・・ええっと そうだ ガッテン流というのね

ガッテンによると 生のしょうがは体の表面 を暖めるけど 体深部の温度は下げる。
乾燥しょうがは 末端の温度も上げつつ体深部の温度は下げない→ガッテンのページ

乾燥しょうがね・・それならうちにいっぱいある。インド料理作るときとか スパイスティー作るとき、体をあたためる グリューワイン作るときなど使う。中華ショップやインドショップでとっても安く手に入る。

でも、乾燥しょうが・香りがぜんぜんなんだなあ。味も生とでは比べ物にならないのでここは、ひとつ両者の良さをとって ミックスということで。

400グラムくらいのジャム瓶の刻みしょうがに乾燥しょうがパウダー大匙いっぱいくらい。

味も生しょうがのさわやかさばかりで 乾燥しょうがの味がじゃますることなく大変よろしい。
[PR]
by Omikan-ch2 | 2012-08-15 17:36 | 海外で日本食
<< アントシアニンの香り? 欧州で... ドイツのニシン 南蛮漬け >>



メンクイ・実験・海外で普通に作れる安い日本ごはん>         
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ツイッターはこちら:
https://twitter.com/Omikanch

パスタでラーメンの術は2006年8月31日に上げてあります。

その前のブログ 
omikanch.exblog.jp
カテゴリ
タグ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル