いつも食べることばかり

スイカの皮入りガスパチョと 新小型カッター

今まで使っていた4Lまでのフープロが突然死んでしまった。
フープロがないと困る。
今までの子は 出来るヤツなんだけど 最近 いろいろなカッターを使うまでの量を作らない。プラス、昔とレパートリーが変ってしまって出番が少なくなってきた。チビボウルを使っても大きな蓋あらわなくちゃいけないし・・・
(でも、使うとなるとやっぱりめちゃ便利なんだけど・・・。フランスで購入したけど保障はどうなるんだろう。まだ期限内かな?)
付属の少量用の小さなボウルを使うにしても全体に場所をとる。パニーニ機今のところ人気ででずっぱり(夏になってめっきりだけど秋になればまた大活躍のはず)と、なんでもスライサーが場所をどーんと取っているのだ。

という状況だったところで 発見したフープロ。小さい。ちょっと小さすぎるような気もしたけれども なんだか出来そう。
e0071009_2314247.jpg

Kenwoodのカッター兼ペースターというかほとんどジューサーにもなるフープロ。
スイスの方はご存知 クリエイティブお料理新聞配信(今はウェブ上でもしているのかしら?)Betty Bossy のお勧めマークがついていた。
調べてみると 全く同じフープロが日本ではDelongiから発売されているみたい。


+++++++++++++++
使ってみたいぢゃないの。でも、今晩はお刺身かスシにするから用がないんだなあ。

えーーと・・・あった。スイカの皮。今さっき食べ終わったやつ。最近のものにしては珍しく皮が厚めだった。

綺麗に食べた側をそいで皮も剥くと 思ったほど大量ではなかったけど それでも日本のきゅうり2本分くらいになったかも。

庭でできたミニきゅうりオトコの人の中指くらいの長さのと 庭の採れたて甘いけどなぜか皮が硬いチビトマト 紫たまねぎ 赤ピーマン長細いの 激安 赤ワイン酢入り蒸留酢 うまい塩 オリーブオイル 小さなにんにく1かけ。
白いパン少々。

で ゴゴゴーーー。
いや、なんなのこの速さ。いい感じ。小気味いいよ。今までのフープロの小さなボウルは刃は普通に二枚。これほど鮮やかな細切れ具合にはならなかった。
それに このちんまいの 取り扱いが実にハンディー。ラクチン。
ううむ。非常に良い感じに それもすばやくガスパチョが仕上がったのであった。

小さいのに高さがあって500mlまでok. ややそれより多くてもどうにか。
このカッターのポイントは歯が通常の二枚の上にさらに二枚 段違いで重ねられることだ。
上の方にひっかかって にげのびたかけら・というのが出にくい。液体状になったら何もしないでもすべて刃に捕られられていく。
Chopperと名づけているけど 小さい出力にもかかわらずめちゃめちゃ早い。スムースになる。
蓋をちょいと押すと やや遅め。ぐいっと押すと 高速回転。

ごく少量から 結構な量までこなす。
小さくて扱いやすいのでまったくストレスを感じなかった。

で お味。

スイカの皮入りとは全くわからぬパンチ上等。
ちょっとトマト足りないとか セロリ入れたかったとか まあ 関係なし。
すっぱさガツンの酢とオリーブオイルと ね、野菜のハーモニーのすばらしさよ。
この分ではスイカの皮はいくらいれても大丈夫そう。青臭いきゅうり系香り担当ってことで。
e0071009_1513329.jpg


このチョッパーできる。(ただし連続起動時間は1分。その後2分休憩必要。ウルトラマンより速攻勝負。だが速攻で技決めるその実力はある・と見た。)
スイカの皮入りガスパチョもうまい。別にスイカの皮である必要は全くないけど、あのでかでかとした生ゴミの皮が美味しくいただけるのは万々歳である。

いや、ほんま。おいしいよ。
[PR]
by omikan-ch2 | 2013-08-05 23:28 | 本日の実験シュフ
<< 秒殺なフープロ ルバーブとアプリコットで梅干ペースト >>



メンクイ・実験・海外で普通に作れる安い日本ごはん>         
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ツイッターはこちら:
https://twitter.com/Omikanch

パスタでラーメンの術は2006年8月31日に上げてあります。

その前のブログ 
omikanch.exblog.jp
カテゴリ
タグ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル