いつも食べることばかり

悲しみのパイレックス鍋焼きうどん

冬には・・鍋焼きうどんよね。

こうさ、部屋はね。さむーい日本のおうち。コタツでね、あったまりながら、今日は鍋焼きうどんでも食べたいね、なんていって鍋焼きうどん取るのよ。

あの、まるか屋なんてうちから300メートルしか離れていないからね、アツアツだしね。
おーきなえびが乗ってなくちゃね・小松菜か春菊か 好きってわけでもないけどふちがピンクのかまぼこと鶏肉としいたけと葱と お餅がはいってたよね、確か。小さい頃は鍋焼きうどん頼みたいというと アンタ本当に全部食べられるの? なんていわれたもんだった・・

で どうしてもうどんが食べたくなったのよ。

その前の週に友人が手打ちパスタの写真を送ってくるもんだから思い出しちゃったわ。ウチにもあるの、パスタマシーン。

タピオカ粉を1/3位いれた?(忘れた)強力粉(スイスではツォップメールってヤツ)と塩、水をいれてホームベーカリーで15分捏ねる。放置 また15分を3回くらい?

分量間違えてやけに沢山出来たので 3回にわけていただく。3日寝かせて かつ、伸ばしはパスタマシーンで、かつ、汁ではなくザルうどんがベストだった。タピオカはえらい。透明感もややあり、モチモチ感偉大。
e0071009_912787.jpg

当初の目的の鍋焼きうどんに戻ろう。

アタシには考えがあるの。

鍋焼きって出てきたときには まだくつくつくついっているぢゃない。
アレを再現するのよ。

鍋焼きうどん用鍋ないけど。
小さめのパイレックスならあるわ、あれをオーブンにいれて あっちっちにして  熱い麺と具をいれる、ぐつぐつくつくつくしてきたわ。
オーブンから取り出す、そして、そこに揚げたてのえび天すばやく乗せるのよ。


そして、ワタシはこの遠大な計画をやりおおせたわ。


なのに・・パイレックスぢゃ だめだった。orz
透明ぢゃ だめぢゃん 透明ぢゃ ちっとも 鍋焼きじゃないよ。
初めからわかってはいたけど、でも、ぐつぐつ感で もっと盛り上がるかなーと思ってたんだよ。
味はよかったよう。鴨だってはいってたんだから・・

++++++++++++++
wikiより
鍋焼きうどん(なべやきうどん)は、うどんを用いた料理の一種。鍋焼き、煮込みうどんとも呼ぶ。 一人用の小型の土鍋にめんつゆとうどんを入れ、その上にシイタケ、かまぼこ、ニンジンやネギなどの野菜類、エビの天ぷら、生卵、麩などの具を乗せて煮たもの。グツグツと沸騰したまま供し、鍋から直接食べる。

鍋から直接ね・・

コンロIHだし・・
多目的に使えるんだけど 鍋焼きうどん
(オーブンで煮込んで具を載せる・これがほんとの(オーブン) 鍋 焼きうどんなんちゃって)
に使えるような ミニキャセロール的なもの? 無いかしらん。

コンロにかけられて調理のち、直接食べられるラーメンどんぶりなんていうのもあった・・ちょっと心引かれる。
[PR]
by omikan-ch2 | 2014-01-28 08:59 | 食べるものの話
<< 鍋帽子をクッションに ガラスのカセロールをIHで使う... >>



メンクイ・実験・海外で普通に作れる安い日本ごはん>         
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ツイッターはこちら:
https://twitter.com/Omikanch

パスタでラーメンの術は2006年8月31日に上げてあります。

その前のブログ 
omikanch.exblog.jp
カテゴリ
タグ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル