いつも食べることばかり

おむすび考

わたしも おむすび考。

私が 小さい頃、おむすびはでっかかった。
そして、母のは丸かった。
でも、その頃にはただの丸いおむすびはカッチョ悪くなってきていて、遠足に行くときなどは父がわざわざ三角おにぎりを握ってくれた。でかいくて、海苔が全面にまいてあって真っ黒なやつ。

うちのおむすびは その後も、でかくありつづけた。
母が丸くにぎっても おおきくて
チチが三角ににぎっても大きくて
男並の手をでかさを誇るアタ串がにぎってもでかい。
特に若い頃、こころおきなく三角がきれいに出るように握るとどうしてもでかくなった。

その後、世間のおにぎりはどんどん小さくなってゆき、関東でもアタ串が幼い頃にはみたこともなかった俵型などというおむすびが出現。市民権を得てもう長い。
アタ串も 長年友人らに大きい、でかいといわれつづけて、多少は小さく握るようになった。コドモが出来てからは、もっと小さくなった。

でも、今はこのアタ串の手に ぴったり山盛りご飯をとって ワシワシ握ったおむすび作りたい。
アタ串の(ココロの中での正しいおむすび)は基本的には三角。(実際には中身を区別するために丸く握るときもある。)
海苔はマワシみたいにちょびっとじゃなくって全面に真っ黒け。海苔に弾力があって噛み切りにくい時だって、崩れないしっかりおにぎり。
これを、
食べるときは両手で持つ。茶はほうじ茶。(心象風景)


・・・でも、海苔つきのおむすびを こちらの電車の中でたべるわけにはいかないなあ。みな、あの香りに(こちらの人々には臭(ニオ)い) びっくりだ。

はやく暖かくならないかのう。ピクニックに思い切り自由に握ったおっきな(アタ串には普通)のもっていきたいよ。
[PR]
by Omikan-ch2 | 2006-03-10 19:46 | 食べるものの話
<< 目玉焼きとおにぎり トリモモのトマト煮こみ >>



メンクイ・実験・海外で普通に作れる安い日本ごはん>         
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ツイッターはこちら:
https://twitter.com/Omikanch

パスタでラーメンの術は2006年8月31日に上げてあります。

その前のブログ 
omikanch.exblog.jp
カテゴリ
タグ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル