いつも食べることばかり

交雑してる・・紫蘇とエゴマ

最近日本でもエゴマを手に入れることができるようでうれしい。
おかげで、帰国したとき日本でもエゴマのタネを手に入れることができた。
もちろん、紫蘇の種も忘れまじ。
喜び勇んで蒔いてみた。タネからそだてるのはいつだってドキドキ。でも無事に双葉から本葉になって 育ち方にもイキオイがついてきた・・・

が・・・
交雑してる。思い違いかと思ったけど。そうじゃない。

エゴマはちょっとすじばっていて、葉の形が丸く 葉の裏が紫色のことがおおい。
紫蘇はみなさまご存知 いつもみなれた感じ。

でも、そうめんにいれても どうもおかしい。
舌がおかしくなったんかなあ。

乾燥した気候でつくると葉もごわごわしやすいし、香りもうすくなりがちなのは判っている。それにしても・・。
e0071009_3104890.jpg

左一株だけ、紫蘇の香り。右二株はエゴマの香り。見た目区別つかないけど葉の裏がやや紫色。

これが犯人。見た目はりーぱな 青紫蘇の葉。やけに元気の良いやつとは思ったけど。なんどもこすって確かめてしまった。三株発見。うち二株は葉の裏がうっすら紫。この二株はエゴマとして使える。他にもおかしな香りのものがあるかもしれない。
のこりの一株は紫蘇とまざったような香りで全体に香りが弱いので抜いてしまった。
まさか、エゴマの近くに植えると影響で紫蘇がエゴマの味に変化するわけではあるまい(朱に交われば赤くなるなど格言思い出す・・一瞬ほんとにそう考えた)。お父さんがエゴマだったんだね・・
e0071009_31255100.jpg
             こちらがまっとうなエゴマ

こまるなあ。こういうの。エゴマのタネの袋の後ろにも 紫蘇とエゴマは交雑しますので200mは離して植えてください。とある。

タネ屋のタネを買っても まざっているとは。

同じ、仲間でもエゴマの元気はただごとではなし。紫蘇はそれにくらべると かなりよわいなー。
・・・・

こそっ・・・
まるで・・サッカーチームのよう。
[PR]
by Omikan-ch2 | 2006-07-08 03:14
<< 親子丼・ミツバ乗っけだ さくらんぼジャム >>



メンクイ・実験・海外で普通に作れる安い日本ごはん>         
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ツイッターはこちら:
https://twitter.com/Omikanch

パスタでラーメンの術は2006年8月31日に上げてあります。

その前のブログ 
omikanch.exblog.jp
カテゴリ
タグ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル