いつも食べることばかり

エゴマわかめと水糠漬シンコ

e0071009_0585165.jpg
本日のお昼ご飯。またまた、ピタバンの約束を破る。ぜーったいね。と約束したんだけどね、ごめんよ うーちゃん。そのかわり別のメニューを約束させられる。

白い器にはいった黒っぽいのがソフト エゴマワカメふりかけ。
しそわかめと同じようにしたらうまいかのう・とエゴマで作ってみた。味はエゴマの醤油漬けと同じ。
うむ、これもイケル。エゴマずきならおいしい。うーちゃんはこれでおかわり。
塩だけでつくったらどんな味になることやら。次回ね。
焼き肉弁当に白むすびと、エゴマワカメむすびをもっていきたいと突然思う。
思うに、エゴマは肉に合うパンチなさわやか味で、紫蘇は魚にもあう繊細なさやわか味。
(エゴマの醤油漬けいっぱい作った。葉っぱを採ってもも採っても、さらにスクスク。エゴマ、何ゆえ、こんなに元気。青紫蘇、どうしたっ。)

水糠漬けは精米のときにできる糠を少しでも使えないかのう・・と以前考えたもの。(本物の糠漬けは挫折した。) 韓国の水キムチのように。でも、米のとぎ汁のかわりに糠を使う。
材料は 糠、塩、水、昆布、ニンニク、しょうが、キュウリ。2日で汁は捨てる。ここが水キムチとちがってもったいないのう。このまましばらく冷蔵庫で持つ。糠の栄養素、少しはキュウリに沁みたかしらん。
食べる前にまぶさってる糠を洗う。
お漬物の味がそれなりにする。シュバッチ感のためレモンゼストをハラハラ。
ムスメラには好評だけど・・第三者の評価が欲しい。

醤油がいよいよ切れたので薄口醤油で作ったてリ焼きチキンと。照り焼きはやっぱり濃い口だのう。見た目が黒くないので 外国人に出すときによいかもしれぬ。
切干大根。店で買ったときに既に変色していた(真っ黒けのいいわけ)。
[PR]
by Omikan-ch2 | 2006-07-28 23:41 | 本日の実験シュフ
<< 韓国風冷汁・アボカドとタコの刺身 パスタ麺を中華麺にする術 >>



メンクイ・実験・海外で普通に作れる安い日本ごはん>         
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ツイッターはこちら:
https://twitter.com/Omikanch

パスタでラーメンの術は2006年8月31日に上げてあります。

その前のブログ 
omikanch.exblog.jp
カテゴリ
タグ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル