いつも食べることばかり

パスタなのに中華麺味なのだ(それから簡単スープとチャーシュー)

e0071009_04719100.jpgメンクイである。
グータラである。
ちょちょいのチョイで旨いものが食いたいと思っている。
こだわりの味にはこだわりがない。

ラーメン手打ち、新居に移って以来していない。マシンを固定する場所がなくなってしまったし・・。

で、最近やっている ちょちょいでラーメン法。
いや、秘術、秘伝と言ってよいかもしれない。
いろんな種類でためしたからなー・・。うどん麺なんかでもためしてみたぞ。あんましうまくなかったけど。でも、ついに、これかなー などと思う形に至ったのだ。
編み出したとかいっちゃおっかなー。いや、編み出してはいないなー。花形なんか、カラダ壊してまで編み出したわけだから、それと比べちゃね、編み出してないよね。
だけど、ちっと 言っちゃおうっと・・
世界初公開 (←ウソ、前にもちょこっと書いた)
秘伝 
パスタ一発ラーメンの術

e0071009_1615482.jpgこちらのスーパーに行くとですね。
普通のパスタなどを売っているコーナーにパスタは二種類。タマゴなしとタマゴ入り。(玉子入りに限らずともよいけど、ちょうどいい長さと太さだから・・カッペリーニ、エンジェルヘアなどという玉子なしの細スパでももちろんOK)
そのタマゴ入りの方によく置いてある。チャイニーズと銘打ってあること多し。目ぇつりあがったチャイナな姐さんの絵がついていることも。やや細め、平たいのが特徴。(スイスならミグロ麺がよろし。←平たくない。コープ麺は太いので味噌味がいいかな。)(後追記: 今はコープの麺ばかり。ミグロ麺はゆですぎになりやすいから。好みというとですな。バーミセリのような細-い麺をさっと茹で上げることもある最近。)


鍋に湯を沸かし(普通の半分の湯、パスタだ隠れるくらいでよい)をざばーっと普通のパスタ並にいれて、そこに重曹 を20-22cm直径の鍋なら大さじ一杯くらい入れて ゆでる。
これだけ
ポイントとしてはアルデンテよりよく茹でるつうことであろか。

重曹を入れるとわわーっと泡でるも慌てまじ。ゆでているときも泡がもりあがってくる。アルカリの働きであるとおもわれる。泡があがってくるので大きめの鍋に少なめの水 ぐるぐる麺が平たくなべ底に入れられるようにするのがお勧めだ。

あ、それからスープ用の湯を余分に沸かしてザルにあげた麺にまわしかけ、重曹を洗い流しておく方がよい。
茹で上がり ぜひ普通に茹でたのと比べて欲しい。比べなくてもいいけど。明らかに黄色が濃くなり縮れ感が多少でている。

e0071009_0422813.jpg 辛味噌バージョン モヤシのっけ大盛り →

とくに、香りが・・。茹でているときからラー麺の香りします。口にしたときもフッ・・と。口当たりも少々モチモチするかも。重曹の量が少ないとほんのり。多いと結構きつく。ワタシはカンスイくさいのが好きなので、いつも水少なめでゆでる。重曹に濃度をあげてしっかり働いて貰うため。


そう・・
ラーメンはもう、そんなに遠くない。

日本食品店で高値の花のナマ麺冷凍で買ってみたり(買った事ないけど)、夜遅く、しこしこ手打ち麺うってみたり・・。
本格麺までのプロセス 数々あるわけです。ハードルあるわけです。

それにくらべてこのパスタラーメン
ハードル限りなく低い。ハードルは・・重曹を手に入れることのみ。

そりゃあ・・ ま、本物とは ちゃいます。

でも、そこの、アナタ。そんなに苦しむことないんです。
本物を求める余り、自分をいぢめないで下さい。
本当に好きなタイプはスターでいえば○○だけど、結婚しているのはこのオトコ・・とか人生妥協も必要です。妥協の中にも(小さな)幸せを見つけることはできます。

さあ、スーパーにいって パスタを、そのお隣の薬局でどかっと重曹を求めましょう。
そうです。もうすこしです。

そういえば スイスではcoopでNatronという名前で製菓コーナーで重曹売っています。Migrosでもおそらく・・

e0071009_1692061.jpg← 燃え上がる欲望の鎮静剤 コバラふさぎ用

ほんとだよ~。ほんとにそれなりに結構おいしいんだよ~。あなたの目のe0071009_04719100.jpg
ウロコにかけてもいい。

そして、
ぷふぁぁーっと一息ついてから、
その、燃え上がる欲望をひとまず冷ましてから・・
ゆっくりラーメンお手打ちのことなど考えてみてもよいではありませんか・・。
ガマンはカラダにいけません。

ついでにいうと、ワタクシお奨めの 簡単醤油スープ

脂ののった豚固まり肉丸ごとを つぶしたニンニク(多めが好もしい)といっしょに醤油のみ(水、酒、みりん、砂糖絶対禁止。jueさんからおさった)。
ニンジン、ネギ、しょうがなんてのは入れてもよし。入れなくてもあまりかわらぬような・・
肉に火が通ってアラ熱がとれたら取り出しておく。しょっぱくなりすぎるから。

残ったタレはもう一度火を通してやや煮詰めておくとよい。
脂肪と一緒に保存。

この、上記タレと一緒に固まってる脂肪少々 それからウェイパー、またはガラスープなどコーヒー用なんぞの小匙に一杯ね。
(ガラスープなど無い場合は ナンプラーとクノールだのマジーだのの野菜ブイヨンと割ったものを使用したコチラもご参考までに。)

ささ、これでスープは完成。
チャーシューも出来てる。
ネギ刻んで、いただきませう。

コショウは、粉のこまかーく引いた白コショウ。あれね。いいですね。ブラックもいいけど、あの粉白コショウ。ラーメンに合います。買ってきてしまいました。このためだけに。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

この方法は、ラーメンの麺をラーメン化しているのはアルカリ、カンスイであるという事実。カンスイの代わりに重曹使えると麺道楽という本に書いてあったことなど 考えあわせ、んーなら後から アルカリ水で茹でれば 同じような反応が起こら無いではないであろと ためしてみたもの。

ねえねえ、沸騰した湯みたいに高い温度でやれば 化学反応も激しくなるよね、とオットにいうと
いや、化学反応は早くなる 
という。 同じじゃないのかよーっ。

というわけで、この パスタ・ラーメン化用 塩・重曹ミックス湯で 野菜などはゆでないほうがいいと思われる。アルカリの作用でビタミンとかが破壊されるのでは・・と拙考。


+++++++++
ラーメンの画像で 汁が少ないなあ・・・と見るたびに思うものの、自家製のスープとタレすぐになくなってしまうのでこのように・・
[PR]
by Omikan-ch2 | 2006-08-31 16:13 | 海外で日本食
<< 冷やし中華・インディアンサマーに 大根餅 >>



メンクイ・実験・海外で普通に作れる安い日本ごはん>         
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ツイッターはこちら:
https://twitter.com/Omikanch

パスタでラーメンの術は2006年8月31日に上げてあります。

その前のブログ 
omikanch.exblog.jp
カテゴリ
タグ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル