いつも食べることばかり

モツ味噌豆腐煮込み・在スイス式

ヨーロッパは今、すごく寒い。
ぶぅぅっっ、なんかあったまるもんがたべてーな。
そうでしょ、そうおもってね・・
ふふふっフッフッフッ。
今日はモツ煮込みよ。

ワタシにとってモツ煮込みといえば豚モツ。トリもたまにあったかな。あまりスキではなかったけど。
ここでは豚モツがないので トライプ トリッパ トリップ クッテルン? クッタルン などと呼ばれているハチノス。牛の第2胃を使用。
だけど、Migrosのパックには第2胃のハチノスだけじゃなくて もっと細かい柔毛の生えている胃も一緒。なんだか モニョモニョしてて見た目悪し。(じゃあハチノスの見た目がいいのかっといわれると・・う、わかんない。)これはいったい何番目の胃かしらん。それとも第2胃も場所がかわるとこんなんなの??? 謎。こんどお肉屋さんのおじさんに聞いてみよう。

ま、いずれにせよ、下ごしらえ。もうゆでてあるけれどネギとショウガをいれてもう ゆでこぼす。ワタシはでかい切り身を買ってきた。もう細かく切ってあるのでもかまわないと思う。
クンクン。もしにおうようだったら一度。
ショウガと酒と味噌、ネギ、あれば本当はこんにゃくが是非とも欲しいところだけど本日はなし。バラエティーというか奥行きがでないのて゜キムチ豚をつくったときの三枚肉の茹で豚を解凍していっしょに煮込む。これで豚のうまみ、イノシン酸もばっちり。長ネギの青いとこを一杯いれたけど味出ししてクタクタになったのは捨てた。
始めにアクをとったらほとんどでないのでことことルクなんぞで煮込む。最後に豆腐いれて煮込んだあと味噌とコチュジャンで(塩)味をととのえ、ネギと七味をたっぷりかけていただく。
e0071009_3522849.jpgモツナベ。モツ煮込み。本当。おぢさん泣かせな味よ。パシッと割り箸わって頂くときの情景なで思い浮かんでくるなあ。ビールの匂いもしてくるよ・・つて今のんどる。

海外に住んでいる かつての居酒屋がよいが懐かしい働くニッポン人のお父さん!! (そしてオヤヂの舌をもつご婦人方)に是非 つべたいビールなんかと黙って一緒に出してあげたい。
などと伝導の血がカラダの奥底から熱くたぎってくるのを感じるのであった。
・・・・・・・・・・・・・・
しかしね、周りにね。いないの。内蔵好きな人。ほとんど。ふしぎねー、残念ねー。

今度は、ニンニクか、ニラを使って調理してみたい。加熱、非加熱それぞれで。おしいっ、ニラ庭にはえてきたの忘れてた。
あー、それから今度はこんにゃくね、どうしても使いたい。それから大根も。

大人とうーちゃんは コチュジャンを追加しながら頂いた。


e0071009_3513318.jpg野菜は庭のキュウリとニンジンコチュジャンつけてそのまま。買ってきたミニトマト。





e0071009_3125278.jpg
昨日。
部屋が寒くなってきたので温まるようにオーブン料理。
ラザーニャだった。
セロリがはいっていないので ちょっときっぱり感が足りず。スパにあわせるミート野菜ソースとしてはいいのに。ふしぎ。
[PR]
by Omikan-ch2 | 2007-07-07 03:25 | ご飯やおやつ
<< 久しぶりにドリア いつもの一丁 >>



メンクイ・実験・海外で普通に作れる安い日本ごはん>         
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ツイッターはこちら:
https://twitter.com/Omikanch

パスタでラーメンの術は2006年8月31日に上げてあります。

その前のブログ 
omikanch.exblog.jp
カテゴリ
タグ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル