いつも食べることばかり

タグ:保存食 ( 1 ) タグの人気記事

家庭菜園 保存してみる

バジルっていうのは 他のハーブみたいに一夏とり続けられない。
つぼみがつくと 葉っぱがとんがってきちゃってフレーバーになんというかミント風というかいやみな味がでてしまい もう君は昔のバジル君じゃない。になってしまう。
乾燥させると 風味が変ってしまう。


買って来た バジルがしなびるまえに オリーブオイルに浸してしまいそれごと カプリサラダにすること多し。
1日2日だからフレーバーもよろし。
というわけで
葉が大きくて柔らかいうちにオリーブオイルに漬けて置こう。摘んだ葉を結構どっさりいれてそこにオイルだからあまり長持ちはしそうもないけど、どうだろう。塩も入れたほうが良かったかなあ。
冷蔵庫の一番冷たいコーナー奥に入れておく。
また生えてきたら 今度は冷凍にしよう。小さなタッパーにぎゅうぎゅういれて。

シソ 大葉

ちょっと家を空けていたら 手のひらくらいのデカ葉がもしゃもちゃとすごいことになっていた。まさに大葉。
シソはこちらの邦人みなが口をそろえていうけれど、葉が硬くて香りがイマイチ。
水も硬いし土壌もちがうし何より空気が乾燥しているからなあ。

それでも年間を通しては手に入らない(都会まででれば日本食品店や韓国食品店にあるかも。韓国食品店でエゴマはみたけどシソはどうかな?)

これをエゴマの醤油漬けみたいにする・・のはやった。醤油とにんにく(小さな赤唐辛子やみりんは人によって違うレシピオプション)
確かに美味しいんだけれども そんなに消費しないなあ。去年のがまだアル。
ついでにエゴマの醤油漬けもある。

というわけで 今度は
友人を通して買った米酢。ちょっとだぶついているのでこれを消費。
洗った青シソに米酢を注ぐ。青シソの水分で悪くならないように、酸度を上げるためにクエン酸を追加。
クエン酸が大好きなので 米酢のみよりも好きな味になる。

2日間つけたらすっかり色も抜け やわらかくなったので引き上げて 半分は戻しワカメとあわせてご飯のお供に。醤油としょうがを足して保存利くようにしようかどうか・・いや、そのまま干したらいいかしら。
酢プラスクエン酸漬けの青シソ大変良いお味。
塩が入っていないので後から味の調節ができていい。
残りの半分は杏とプルーンとクエン酸と塩でつくった なんちゃって梅ペースト作成時にでた なんちゃって梅酢。これにつける。
同じく2日でシソを引き上げ。広げて干す。どうしよう からからになるまで干すか しっとりでおにぎりなんかに巻ける様にしておこうか、思案中。せっかくだからナスの皮を一緒につけて赤くすればよかったかな。
なんちゃって ゆかり。
にかく 酸に漬けた二種 ごわごわの葉が柔らかくなってとても良い感じ。
塩漬けより使いやすい。今のところ。

三つ葉
は冷凍かな。
湯通ししないで さっと電子レンジどうだろう。少しでも香りが失われないよう。
うどんなどに 香りのために入れるとなると コリアンダーのように茎は短めに切り葉はほぼ原型のままでタッパー。でいいかも。しかし、これだと 半年とかはもたない。すぐ食べなくちゃいけないなら 保存しなくても映えているわけだからあまり意味なし。

漬物???  醤油漬け? やってみてもいいけど・・うーむ。やるなら薄口醤油に漬けるのはどうかしら。塩分濃いし、色薄いし。


きゅうり

ぼちぼちなり始めた。消費量以上ではあるけど保存食品をつくるほどどっとではないという中途半端さ。
お漬物 ゆでて絞るじゃなくて 干してから漬けてみようかなあ・・干すなら輪切りにしなくっちゃ。
そうしたら歯ごたえ強すぎるかな。
[PR]
by omikan-ch2 | 2013-07-23 02:15 | 海外で日本食



メンクイ・実験・海外で普通に作れる安い日本ごはん>         
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ツイッターはこちら:
https://twitter.com/Omikanch

パスタでラーメンの術は2006年8月31日に上げてあります。

その前のブログ 
omikanch.exblog.jp
カテゴリ
タグ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル