いつも食べることばかり

タグ:夕食 ( 159 ) タグの人気記事

スキヤキ肉はどうしてます・・

オット式にいうとクリスマス第2日目の本日26日。英国ではプレゼントがないだけであとはひたすら 25日に同じくご馳走をたべるのだそうで・・
ちっともピンとこないけど何かご馳走らしきこと 我が家でもするかのう。
ずっとしていなかったすき焼きでもするかい。(スーパーで会った友人がスキヤキにするというのを聞いて 秘密の肉を購入しておいたのだ。)

スイスでスキヤキというと肉屋にこの肉でと指定して数日前に頼んでおき 冷凍した肉を好みの厚さに薄切りにしてくれる。確かに美しい切り身になっておる。

しかしのう。
そもそも、日本のような霜降りというものは存在しないし、粗く脂肪の散ったものもご大層なお値段になってしまう。

e0071009_335357.jpgそこで、フフフっ。ワタクシが激しくお奨めしたいのが Leistenfleishという部分。ソケイ部とかいう訳があるのだけれど どこだかよく分からぬ。
フランスでいう バベット 横隔膜にくっついている肉かと思うが、もっと下腹部かも。日本ではハラミ??? かも。とにかくそのあたりのお肉。お腹を斜めに走る肉らしく長細くねじれている。
この部位スイスでは バカ安。
なんせ内臓扱い。(Migorsでは内臓用の赤いパッケージのトレイに入っている)
でも見た目も味も リッパな筋肉でやわらかいしチラリホラリと脂肪も散っている。
Migrosのは すこし大きめ、削ぐ必要あり。コープで求めたものはかなり細かい細切れになっていた。ともにスキヤキ肉のように大きく薄いスライスでは無いけれど、いいのだ。ここは外国。
そしてこのお肉、味が実に良いのだ。
ちゃんとした塊肉ではないけれど、日本人にとってそれがなんであろう。焼き肉にいつも重宝している。とてもおいしい。青椒ロース-なんて細かく切って使うんだから何でリッパな切り身を買う必要があろ。
切り身が大きめのものはスジが混ざっていることもあるので、それを取り除いておくくらいで お肉コーナーでヘットの一かけでも貰ってくれば完璧。(貰ってこなかったけど。考えてなかったのとヘットはあまりすきではないので・・)

長ネギ・・もうシッポのとこがちょっぴりしかないので玉ねぎで・・
白滝は春雨で代用しよう・・と思っていたら 巨大な巻もの状春雨しかなくて切り取るのが面倒くさいのでやめ。
春菊はルッコラで代用。
生シイタケと巨大ヒラタケ、さっと茹でたニンジン。
生シイタケが足りないので干ししいたけも。だしを割り下に使った。
なんだか鍋がさびしいので白菜も。水がでて煮つまり防止によかろう。

生卵をといて クツッと来たらちょっとピンクのうちに。(いいのか、生卵! いいのだ 我が家では・・納豆でも毒消しに食べようか・・と思いつつも何もせず。)うまい。これぞ牛肉という味がよーでておる。

ね、ねっ。Leistenfleish. えらいでしょ。
高い部位を予約購入となると 敷居高いけれど、これならもっとしょっちゅうしてもいい。
(問題はハレの日のご馳走として親戚一同に振舞うわけにはいかないことか。安い内臓扱いの肉だものね・・)
[PR]
by Omikan-ch2 | 2010-12-26 03:41

トルコショップのピーマンとナスがえらい

e0071009_284922.jpg
トルコショップのピーマンもうまい。黄緑色でちょっぴりお尻のとんがった日本サイズのピーマン。(ミグロやコープで売ってる薄黄色の細長いピーマンとは違う。実が日本のピーマンのように薄いのだ。凸凹というかスジもとおってるし。)辛くないのに唐辛子の香りというかピーマンの香りがしっかりしてん。

あるモノ色々足す。ズッキーニ、干しシイタケ、玉ねぎ。
豚肉はショウコウ酒と醤油にちょっとマリネしといたんにコーンスターチをもみこんで油多めで唐揚げみたいに炒めアゲ。最後に 前もって火を通しておいた野菜炒めとあわす。

あー、ピーマンの入った夏野菜の昔日本で食べた野菜炒めの味がする。
作り方やグもいろいろ違うけど、とにかくこれよ、これ。このピーマンの味!!! これがワタシの思う夏野菜炒めの味だよーん。(4月だけど・・)

トルコナスは油でやいたんにショウガたっぷり、生醤油。トロリとしてる。欲をいえばもう少し ナス自体が濃い味でもいいか。いやいや、それは注文が過ぎるというもの。

トルコナスとネギの味噌汁。

全品 大いに売れる。ご飯お代わりいっぱいでた。
うれしーなあ。


しかし、油沢山の夕食 だったな。
[PR]
by Omikan-ch2 | 2010-09-08 03:38

麻婆ズッキーニ

e0071009_2274676.jpg今年は、庭に1本だけ植えた黄色のズッキーニ。黄色のは皮がつるっとしていて食感がいいので好き。・・・だったけど、今年はコガネムシだかなんとか虫に根っこをくわれることもなく すくすくと。ズッキーニって1本でこんなに採れたっけ?
その上、先週ちょいと家を空けていた間に腕みたいなやつができてしまい、たべてもたべてもに。小ぶりのうちにとって食っちまうのが一番だけど、機を逃した。
(日本のキュウリも ちょいとできすぎると2本だけの苗でも どばどばとたまってゆく。)
いくら調理法や保存食といっても 見たときにココロが うっとなるのである。
もったいない話である。
ちっとも料理に時間をとっていないので ラタトゥイユはいやというほど作ってしまった。

揚げ物にしたいけど、揚げ物をするのがイヤ。

で、本日は 麻婆ナスじゃなかった 麻婆ズッキーニ。
消費メニューとして なかなかよろしかった。

それから 贅沢にも納豆パックを二つもあけてキムチ納豆。
お手伝いしたーいというので 納豆を白くなるまで ぐわしーーーって かき混ぜよ と命ず。も、なかなか難しい。
およこしっ、納豆ってのはね、こう かんまぜるのよ、
みるみる真っ白に粘らせる。 
うわーーーすごい。うー助もママみたいに こーんなに真っ白に納豆混ぜられるようになりたいっ。
まあね、こーんなもんよ。
なれるわよ、あーた、ママのムスメなんだからね。
(こんなことでなぜ感心する? ムスメラ・・ )

卵もいっぱいいれてとろとろーにしたい。
いいよお。んじゃ、三つ いれなっ。
卵にバイキンがいたら納豆のキンがころすんだよね。
そう、らしいよ。バイキンじゃなくて サルモネラ菌ってんよ。

キムチ自家製、庭のチャイブ、ニラ、ミツバなんぞもどしどしいれたもの。2人とも涙ちょちょギレンばかりに喜んでご飯もりもり。
この人たちは、これだけでよかったみたい。

しかし、今晩は 黄色いご飯であった。
来週一週間居ない間、野菜がみんな巨大化しちゃうんだろうな・・
近所の人に収穫しちゃってね、といってもしてくれないん 帰ってきたら また、男の腕みたいなズッキーニがゴロゴロかしら
[PR]
by Omikan-ch2 | 2008-08-02 02:35 | ご飯やおやつ

スパ・ガスパチョん

おおっ、最後に更新してから既にこんなに月日が・・
遊びにきてくれていたみなさま 申し訳ないっ。
春休みにはすこしは更新できるかともおもっていたのだけれど。
ろくでもないものしかたべていなかったからもので。

・・・・
e0071009_2004872.jpg最近おいしかったのは 洋風冷麺 パスタ・がスパチョン

ガスパチョの材料を パン以外すべてミキサーかフープロにいれて ガガッ ガガッ。
ごごーーーーーと滑らかにしたい気持をおさえて 粒粒感を残す。これはラグーである。スパソースであるという感じが出るかな・と。
いつもの様にオリーブオイルはたつぷりめ。白ワインビネガーには仕事してもらいまっせ。きゅうりは庭でとれた日本きゅうり。香味野菜もよろしくな。
生のニンニクのこのお味、この刺激。たまらないのう。
ガスパチョは食べるとお口の中に旨みがあふれてくる感じだ、がスパチョンパスタにしても バアチリよ。
野菜も蛋白質も入っているので ご飯はこれでお仕舞い。
お腹すいちゃうかもの人(成人男性一名)、あとで大好きなトーストでも食べてくれい。

ストレートで、強烈な旨みだとおもうんだけど、どうしても、どうしても もうすこし旨みが欲しいという人は 塩をナンプラー又はニョクマム つまり魚醤にすると良い見たいだ。とにかく、我が家ではイタリアンをはじめとする地中海風の時、アンチョビの代わりに使いまくりのナンプラーである。(が、ここ3、4年続いた ナンプラー中毒も十分ナンプラーを摂取したせいか、やっとおさまりつつある。今はナンプラー普通に大大好き。今はうまいは塩、ほしい。うまい塩高いんだなー。スイスじゃ種類少ないし。)

この写真をとったときより細めパスタがうまい。なぜ ミグロやコープでは細い麺がうってないのかなあ。カッペリーニなど・・

ちょっと長めに茹でてきりっと洗って、ええっと本日はタパスだかつまみだかで売られていたタコのっけ。これもよおく冷やしてあったヤツ(冷蔵庫にしまいっパなしになっていたのね・)
[PR]
by Omikan-ch2 | 2008-07-30 20:21 | ご飯やおやつ

とんがりレタスのニンニクオイスター炒め

e0071009_20393965.jpgニンニクみじんをじっくりと炒め とんがりレタスのザクザクをざっと投入。
オイスターソースをかけて味をまわすだけ。好みで酒水片栗粉みたいなんでつなげてもよし。

シャキシャキと最高。しゃきっと菜がなかなか無いから すごくうれしい。
味もしっかり ご飯もすすむ。
オットが特に喜び、ショッチュウリクエスト。

見た目はイマイチだが、とにかくよろしいよ。上に始めに炒めたタカノツメなんてののっけたら少しは見た目がよくなるかしら・・
(タカノツメ炒めなかったけど)
[PR]
by Omikan-ch2 | 2008-02-18 20:39 | 食べるものの話

脚焼きの残りはシェファーズパイ・子牛のフォン

e0071009_16582126.jpg
年末に焼いたラム脚の残り(9人で食べて、その後ケバブみたいにして食べてまだ残ってた)、場所を取るので解凍、シェファーズパイに。
ちゃんと野菜サラダも食べた・・

本日のテキトー部分としては
前日のごはん付け合せの残りのカリフラワーのグズグズ蒸しをマッシュポテトの1/3程混ぜる。

今まで、信用していなかった市販の子牛のフォンの濃縮したヤツ ガチョウを焼いたときのオレンジソース用に買ったもの、残りがあったので肉と野菜を煮込むときに使用。Migrosの肉コーナーの棚から。

邪道だがつかわなくちゃいけないグリュイエールがあったので上にタップリ。

あー、カリフラワーと芋のミックスマッシュ、とてもよかった。
子牛のフォンはソースのときも思ったけど うまい。ブイヨンパウダーでは再現できないお味。ここぞというときに頼りになるお味。

ものすごい売れ行き。
うーむ、良かったよかった。ラムだなあ。子牛のフォンの威力か。いいわすれたけどマッシュルームも生のまま冷凍しておいたのを解凍して使うと、味の出方がダンチにいいのだ。細胞という細胞がこわれてうまみ流出よ、ふふふ

コテッジパイとはやっぱりちがうのう。
[PR]
by Omikan-ch2 | 2008-01-04 17:02 | ご飯やおやつ

フォアグラ雑煮 など フォアグラのその後

みなさま、開けましておめでとうございます。
へたれブログで低空飛行どころか最近は不時着休憩状態ですが、たまにはよろよろ飛行こともありますので 今年も 時々覗いてやって見てくださいね。 

せっかく遊びにきていただいているのに更新されてない状態で 申し訳ないなーとは思っていたのですが。更新できるような食べ物もこのところたべてませんでした、ハイ。今はちょっと冬休みなので ボチボチと。がいきなりたらふくフォアグラ状態です。

フォアグラを焼いたときにじゅわわタップリとでたアブラ、も、もったいないフォアグラ様のアブラ・・思わず取っておいたもの
e0071009_22552566.jpg①チキンレバーとあわせてレバーペーストにしたいっと初めからココロ決めていた。ほーんのりオレガノ以外はエシャロットと白ワインと塩コショウのみ。
いいよいいよ、いいよおお。鴨のアブラの味というかコクというかがレバーとぴったり。
オットはそもそもレバーペーストに興味が無いので(食べるけど) ふーん。
ムスメラも んー、いつものよりおいしいけど・・程度の反応。

ワタシひとりで 作っている途中からナメては食べてみ ひえてからも食べてみ。ひえると鴨のアブラの味がかえってはっきり出てくる。

②肉豆腐の肉なし。とにかく豆腐が食べたくて。白身魚の残りをちっと入れた(ミスマッチだが、怖れていたほどではなく案外いけた) ここにフォアグラのアブラを大さじ1程いれてね・・。うーむ。実にコクというか香りがでて美味しかった。白滝一番人気。
写真、またとってないや。習慣がなくなってしもた。
・・・・・・・・・・・
e0071009_2249649.jpgそれから、そうだ、今朝は元旦。雑煮を食べねば。我が家で唯一それらしいことだからの。
なんにも用意してないなあ。もちとシルだけはある。
ええっと・・そだ、残りの生フォアグラが冷凍庫にあるのでそれでもいれてみるか。 ギラギラアブラの浮いた雑煮になった。
オレンジゼストの吸い口。ま、美味しいけど。
トリのモモとか エビさんとかのほうがね、なじんでるな。本来は茶碗蒸のグみたいなんがウチの雑煮。おかわりの分はほうれん草を添えていただいた。
[PR]
by Omikan-ch2 | 2008-01-01 22:55 | ご飯やおやつ

ガチョウのアブラがまだ抜けきらないうちに鴨のフォアグラ

フランスよりの客人が 実は生のフォアグラを持ってきてくれていたのだ。生ファアグラは焼いて食べるには鴨の方がよろしいそうで。ガチョウのは焼くととろけてしまうそうだ。

e0071009_5411281.jpg
毎日たらふく たべていて 残り物のラムでケバブ、残り物のガチョンでガチョンうどん、今日はお休みといい、魚や刺身などをまたしてもたらふく食べてしまったりしていて、なかなかとりかかれなかったが いよいよ 食べないといけないので食べたのだ。生だからね。

e0071009_5414396.jpg休み中なので 買い物も出来ず 一番簡単な 生フォアグラの照り焼き丼というのにする。


e0071009_5421974.jpgもったいないような気もするが、一番うまそうな気もする。

強力粉を振って 表面をかりっと焼いてみりん醤油の照り焼きのたれをからめる・・がっ

こっ・・これは カモの肝じゃなくてカモバターであるよ。
アブラの塊だよおおおおっ
じょわーーーっとアブラがどんどこでて 残った身は大きさもとの1/3位かしらん。
焼き方がまずかったのかも。いや、これでよし。このアブラ全部食べるには 胃腸が疲れすぎている。微妙な歯ごたえもうれしい。

うーん、やっぱり鴨はおいしいのう。ん、カモネギっていうからネギもパラリとさせてもらおう。濃厚すぎてパンチが欲しいから・・ 
濃厚だけど香りがよろしい。
照り焼きワルクない。全くわるくない。でも、繊細な味が照り焼きだともったいないかなあ。アブラもったいないので取っておく。使うかしら?

しかしね、ざんねんね。飽食飽飲で胃腸つかれておるよ。
その後、大根おろしとレモン醤油で頂いてみた。
これも良かった。アンキモおもいだしてね。紅葉おろしがほしかったところ・・

でも、やっぱり一番おいしいのはトリュフとの組み合わせかなあ。これも数年前お土産に頂いて試してみたのだった。あれはガチョウのフォアグラだったか鴨のフォアグラだったか・・・

ま、我が家ではめったに口にされることのない言葉と味覚。今年のお祭の季節をまたまたリッチにしてくれたのであった。(照り焼きにしちゃったけど・・ごめんフォアグラ・・。ネットで調べたのよ、この食べ方)
[PR]
by Omikan-ch2 | 2007-12-31 05:44

アブラデルデルもうすごいのガチョンの丸焼き

わー、なんでかってしまったんだあああああ 数年前一度やってあまりのアブラにもう2度と手は出すまいと固く誓ったはずなのに・・ガチョン いや
ガチョウ
でかい。
そして、とにかくとにかくアブラがすごいのだ 
デルデルデルルルルルルルウウ
コンフィとかにするというのもよくわかる。アブラでばかっと蓋してしまうっと。なるほどね。しかし、今度はコンフィじゃないのだ。丸焼きなのだ。

調べてもらったけど、丸焼きのレシピはフランスにはない。誰もガチョウを丸焼きにしないのかっっ。かくしてカナダのフランス語圏のレシピ。なんだか不気味なレシピ・・

e0071009_5174992.jpg
ローズマリーとシナモンと蜂蜜とかすごい組み合わせのものを塗る。でもソースはオレンジ。
しかし 相変らずアブラデルデルもっとでる。始めに尻まわりちかくの腹腔からごっそりすごいアブラの塊を抜き取り しかし、それにしてもでかい。オーブンの中の芋のスペース確保に難儀する。
針でチクチクチクチクチクチクチクチクチクと一杯さしてアブラを絞りだす戦法。これはワタシが勝手に考えた。
一時間くらいはひたすらアブラをしぼるためだけに焼く。網に載せて下のトレイには水をいれてアブラモウモウを防ぐのだ。
アブラだらだらでるので 出たら捨ててまたトレイの下に水入れてアブラだらだら絞りつづけるのだ。あああ、全部あわせたら18cmの鍋にかるく2/3はでたのでなかろうか・・いや、もっとか ガチョウアブラ。
幸いにして 焼き上がりには 不気味なソースの味はあまりせず オレンジ風味をたのしめた。

・・・・・
が、なんだね。こっそりいうてしまうと ね
おいしいけど やっぱり 鴨の方がずっとうまいね。ガチョウって鴨に似てるけとカモはもっと繊細。
つめものが沢山はいるのでそのあたりを 工夫たのしむことができるかも。詰め物しなかったけど。
ニンジンのグラッセ いんげん ローストポテト

あー 何日かは体中からガチョウのアブラがでてきそう。(食べたアブラはすくないけど、料理中に空気中のアブラを吸い込んだ。顔面にもついた。キッチンの壁にも・・・ううっ)
e0071009_5212645.jpgあ、オレンジゼスト載せ忘れた・・・
[PR]
by Omikan-ch2 | 2007-12-27 17:46 | ご飯やおやつ

クリスマスだけどこういうご飯

25日 午後から 家族で映画を観にゆくことになり、おおものディナーは翌日に持ち越し。
いいのか? 
いいのだ。大体 この辺に ご馳走たべれば。
本日は ご飯でいこう。
e0071009_16503225.jpgししゃも(この日のご馳走!!) 
昨日食べら切れなかった お刺身サーモン アボカド
エノキと豆腐ワカメの味噌汁
昨日の残りの茹でブロッコリの ニンニク オイスターソース
ねばオクラ
それから とりわすれたけど なんとギョウザ 
お客さんもいることで どうにか食べきる
[PR]
by Omikan-ch2 | 2007-12-27 16:52



メンクイ・実験・海外で普通に作れる安い日本ごはん>         
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ツイッターはこちら:
https://twitter.com/Omikanch

パスタでラーメンの術は2006年8月31日に上げてあります。

その前のブログ 
omikanch.exblog.jp
カテゴリ
タグ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル