いつも食べることばかり

キドニービーンズの甘煮パウンド

お汁粉はキドニービーンズで作る。

そりゃあアズキのほうが おいしいさ。
それはそれ。
これはこれ。

アズキは地元でかえないけれど キドニービーンズならミグロとコープで手軽に買えてよろしいじゃないの。
大正金時マメみたいよん。

一晩ひやかしておいたマメ 圧力鍋で煮て 半分は チリコンカルネなどにする。
半分は甘ーく炊く。

でお餅があれば餅と。
アイス仕立てにしても お豆のやさしい美味しさ。クリームはほーんのちょっとだけにするとマメの美味しさが生きる。

で、このぜんざいふう煮豆を使ってしばらく前に 作ったもの。

キドニービーンズの甘煮入りパウンドケーキ。
普通のパウンドケーキの生地の中に この甘く煮たキドニービーンズをいれて焼いた。
半分茶色い粉を使ったけれど 白い粉で作った生地、全粒粉の生地、どのような生地でも合うと思う。

煮豆入り蒸ケーキみたいな感じ。
バターの香りともあうけれども バターの代わりにサラダオイルでもおいしい。
当然だけどサラダオイルだとマメの味がもっとストレートにでる。(カロリーは同じだとおもうけど 味的には)さっぱりした感じ。バターだと スイートポテトの御菓子みたいな雰囲気。ハーモニーはある。
どちらがいいか好みかな。半々で作ったこともある。

カップケーキみたいに作っても良いかも。(最近はなんでもでっかいサイズでつくるので やらないけど)
[PR]
by Omikan-ch2 | 2009-12-01 17:40 | 本日の実験シュフ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://omikanch2.exblog.jp/tb/11692545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Solar08 at 2009-12-01 21:38 x
あっらー、久しぶりですね。ちょうど、前に出していらしたトンガリキャベツの記事を探したかったところです(今日、マルクトで初めて買ったので)。
キドニービーンズ、前から甘く煮たいと思っていたのですが、いまだに果たせていません。早速実行します。
Commented by Omikan-ch2 at 2009-12-01 22:57
蔵からちょっと出てきてみました。笑 
キドニービーンズ こういうものだと思っていただくと美味しいです。赤いお豆の味がします。
調子に乗って今度スーパーのでっかい白いお豆も(何マメだかも知らないんですけど)ちょっと甘く煮てみようかなと思ってます。
Commented by tenko at 2009-12-02 08:36 x
お久しぶりです~♪
お元気そうで何より。

当地イギリスでは、最近、普通のスーパーで、乾燥した小豆豆と、煮た小豆の缶詰(甘くはない)が入手できます。

どうやら、体に良いらしいので、登場したみたい。

ついでに、冷凍の枝豆(鞘なしの豆だけ)もあり、ビールのツマミに重宝しています。

これもヘルシーだからみたい。

日本在住の方のブログで、ひよこ豆を甘く煮た蜜豆‥という記事を読み、これも挑戦しなくては‥と思っていたところです。でも、キドニービーンズの甘煮の方がピンときました。

ウチは圧力鍋がないので、スパゲディでうどんは無理かなー。残念!

細いパスタ(カッペリー二)は、中華麺として活躍しています。

年末でお忙しいでしょうが、ご自愛くださいね!
Commented by Omikan-ch2 at 2009-12-02 16:16
こんにちは tenkoさん。
ムキ枝豆はやくスイスにも来ないかなーってずっと首を長くして待ってるんですけど・・あと3年くらいかかるかも。アズキまでうってるなんてやはり大国・都会です。イギリスは。しかし、アズキイギリス人はどのようにたべるのでしょうねえ・・。トースト乗っけ?・爆
tenkoさんも年末進行 きっと盛りだくさんですね。ご自愛too.
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< パスタのうどんは元稲庭うどんみ... いよいよスパゲティーウドン >>



あーしてみたりこーしてみたり実験・海外で普通に作れる安い日本ごはん>         
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ツイッターはこちら:
https://twitter.com/Omikanch

パスタでラーメンの術は2006年8月31日に上げてあります。

その前のブログ 
omikanch.exblog.jp
カテゴリ
タグ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル