いつも食べることばかり

激安スパをうまく食べるには・・

おお、このメシは よかった、うむ、これはおされにでけた。
クリスマスご飯くらいはアップしておこう(今度はちゃんとカモ)
・・・しよう・・・・
とは思っていたけれど 画像アップがすっかりと面倒になってしまいました。
もともと 非常にモノグサであるし。
もしも遊びにきていただいていた方いらしたら、どうもごめんなさい。
生きてます。

焼け石に水っですが 
節約もせねば。と思いつつ。
・・・・・・・・・・
e0071009_22302830.jpg
節約。
そこで激安パスタ。

スーパーのプライベートブランドのものなど試したりしているのだ。
ふらふら店をさまよえばコープでも、ミーグロでも、デナーでも(多分)、アルディーでも 1キロ 1.15フランの(コープとミグロではそうだったが他も似たような値段であろう)必ずや激安パスタを売っておる。

バリラ等普通ブランドのものは500g 2.3フランほど。100g 46ラッペン。
激安スパなら100g 11.5ラッペン1/4以下のお値段ではないか。
そうとなったら、とーにかく、激安パスタで大節約計画なのだ。

でもねえ、これパスタが細いのねえ。以前ためしてみたけどねえ・・・。
お味ねえ、美味しくないの。お味も1/4のお味。頼りなく細く、お口に入れたときの噛む喜び、噛む美味しさが全然ないの。
その割に茹で時間10分から12分なんてトンでもなく長々と書いてあるし。
茹で時間ながいと膨らんで量がおおくなるのでお徳・・なのかしら。

しかーしね、今は、節約がテーマ。大節約計画じゃなかったのか。(焼け石)この激安パスタのお味は、きっと使命、、アタシにこれを乗り越えろっという天命なのよ・・・。

挑戦と実験の時が来た。

ははは、振りが長くなったけど、ここで 秘伝。

圧力鍋に湯、沸かす。塩もきちんとした量入れる。蓋もよく暖めておく。
激安スパ入れる。ツッパリのない根性なしなので箸などでえいえいと湯に静め、バラバラとさばいたら すばやく蓋。
強火。
すぐ時間はかりはじめて(メモリがあがるまでの時間もふくめ。)圧力時間4分。
このあたり各家庭の火力によって違ってくると思われるが とりあえず調理時間表示の1/3から半分の時間を加圧する。
水ですばやく圧を抜き、あとは通常のプロセス、すなわちソースなどをかけてすばやく頂く。

おおおおおおっっ。なんとっ。
この、もちもちもさ加減。しこしこというかもちもちというか。シンのあるアルデンテとは微妙に(結構)違うが 歯というか顎というかが喜ぶこの むっちり感。
太さもどうしちゃったの。太いわ。スパゲッティーニがスパゲッティの太さに変身。普通ゆでの同じパスタと比べてみると明らかに太い。そして短い。
こんなことってあるのね。
おいしいわ、おいしいわ。積極的に美味しいわ。あんあんうまうま。

e0071009_1844271.jpg激安スパゲッティがこのように生まれ変わるのをぜひぜひ体験味わってもらうために 普通ゆでと 圧力ゆで2種類を同時に家族に出す。

「もう(激安スパの場合)2度と普通のおなべでゆでないで欲しい」
とのコメント。普通ゆで売れ残る。

おーーーっほっほっ。やったわ。勝ったわっ。アタシ、激安に勝ったわああ。

アネージやデチェッコのムチムチ感より バリラのわりとさっぱりとした歯ごたえが好きなひとにはあんまり受けないかもしれない。
しかし、このしっかりと顎の筋肉に訴える噛み心地。むちむちうまうま。
この噛みごこちを味わうために積極的に激安パスタを買って圧力なべでゆでるという一連の行為を行ってもいいと思っている。

ゆであがったときにシンの残る・という状態には更なる時短短縮が゜ひつようかもしれない。いつもテキトーではっとしたときにはもう時間がたってしまっているのでわからんが。この記事を書いたことだし実験してみようかのう。
しかし、良いのだ。新しい食感で。全く同じでなくてもただ茹でただけよりも数倍美味しくなるのだから。

ご飯の圧力釜(沸点約120℃)にて澱粉の糊化に必要な時間は3分ということだからご飯よりさらに厚みのないスパは2分半くらいで茹で上がるかもしれない。実験はまだだ。
が、4分で なよなよになるとかというとそうでないというところのヒミツは この糊化が非常に進むから・らしい。
色も一段と濃くなって 美味しげ。太さは増すし、激安スパを頂くときの調理法として ここんとこ全世界の節約を心がける諸君に激しく推奨したい次第であります。

・・・・・・・・・・・
アルデンテに対する実験はまだだけど、この激安(なんせ1キロ一フランちょい)スパを圧力鍋でゆでつづけたら うどんになるのではないか・・
以前スパを四十分間ゆでつづけるてうどんとしていただくというアメリカ在住の人の記事を読んだことがあるが、圧力鍋ならどだっ。

10分ほど圧かけてみました。
・・・やわやわ・・ななかに もちもち・とはしているけれど 丸みがすごく丸々と丸くてうどんとちがう・・非常に・その表現しにくいものがあるな。

色も真黄色だし。
ツユにいれて食べてみた。

ええっと、緊急度、どうしてもどうしてもうどんが食べたい度、によるかもしれない。
今度12分でためしてみよっと。
[PR]
by Omikan-ch2 | 2009-01-09 18:38 | 本日の実験シュフ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://omikanch2.exblog.jp/tb/9378475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Solar08 at 2009-01-09 19:14 x
おお、生きていらしたのですね。ドイツのYuki(ブログ始めたのでHN変えなければなりませんでした)です。お休みなさっていたあいだに世界の(スイスのも)事情、ずいぶん変わりましたね。やっぱりこれからは節約ですか。
まだ激安スパはフランスのアルディでしか買ったことがなかったのですが、トロいのか違いがわかりませんでした。今度圧力鍋でためしてみます。
Commented by Omikan-ch2 at 2009-01-09 22:14
yukiさん もといSolarさんこんにちは。すてきなブログはじめられていたんですね。確かスイスの小売は上々でみんなウチは勝組といっているそうで・・。節約~!!と思っているのは我が家のみの台所事情かもしれません。
パスタの件、是非とも圧力ゆでと普通ゆでで比べてみてくださいませ。 質感が面白いように違うんですよ~。もちもちというのが一番ぴったりでしょうか。
Commented by tenko at 2009-01-10 07:46 x
新年おめでとうございます~♪ 相変わらず、パワフルに、お家グルメの道を究めていらっしゃる様子で、心強く思いました。圧力鍋でパスタを茹でるなんて、考えてもみませんでした!そうかー、パスタは、メーカーではなく、いかに茹でるかがポイントなのですね☆
Commented by maryane at 2009-01-10 15:27
tenkoさん明けましておめでとうございます。最近はもう あわてて超テキトウなもの作るばっかりです。
パスタはメーカー品はそのまま頂いたほうがいいですよね。もともとコシがあるし。圧力鍋は激安のコシ無しなさけなパスタ救済方法です。これはこれでおいしいですけどやっぱりブランド品もたべたい・・です。あ、節約だった・・
Commented by Mic at 2009-01-10 17:10 x
素晴らしい!!!
この技、いただきます!(断言
おみかんさんの豊富な知識&それの応用にはいつも脱帽です。
私なんか、思いつきもしない…
また、秘技があったら是非伝授してください。

あ、申し遅れましたが、今年もよろしくお願いします~
Commented by Omikan-ch2 at 2009-01-10 18:42
Micさん 今年もよろしくです。(ワタシの方は一体何回更新できるかですが・・)
えへへ、試していただいたらうれしいなあ。しかし、なんでこんなに安いのかなーと思うほど安いですよね。1キロパスタ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< うどんでもいいの 麻婆ズッキーニ >>



あーしてみたりこーしてみたり実験・海外で普通に作れる安い日本ごはん>         
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ツイッターはこちら:
https://twitter.com/Omikanch

パスタでラーメンの術は2006年8月31日に上げてあります。

その前のブログ 
omikanch.exblog.jp
カテゴリ
タグ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
画像一覧
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル